【要約・レビュー】 ライフプランニングとしての『日本版FIRE超入門』

セミリタイアを目指すブログなのに、初めてのFIRE本のレビューになりました。

FIREに関する本は、

などが出版されています。

しかし、翻訳書か投資の中身についての本が多く、日本の年金制度や税制については詳しく説明されてない、という欠点がありました。

今回紹介する『日本版FIRE超入門』は、今までの書籍になかったそれらも検討材料に、よりリアルにFIREへの道が解説されています。

とーこ

(たぶん)日本初、日本の制度にのっとった、資産形成入門書です!

こんな人にオススメ
  • FIREに興味を持ち始めたばかりの人
  • お金が貯まれば定年よりも早めに退職して自由な時間が欲しい人
  • FIREした後の税金や社会保障が気になっている人
目次

要点

要点① 「稼ぐ」「節約」「投資」はFIREに不可欠

FIRE本すべてに共通することですが、

  • 収入を最大限増やす
  • 支出を最大限減らす
  • 資産運用する

この3つの方針が大前提となります。

収入を最大限増やす

まず収入を増やすには、

  • 昇格
  • 手当がもらえる資格を取る
  • 転職
  • 副業

などが個人で実行可能な方法です。

さらに無視できないアプローチとして、

  • 結婚して共働き(できれば双方正社員)

のダブルエンジンを有効活用すること。
生活コストも抑えられ、投資資金を捻出しやすくなります。

価値観が合うのであれば、夫婦でFIREを目指してみても。

とーこ

特に子供のいないDINKs期間は絶好の貯めどき&稼ぎどき!

支出を最大限減らす

収入が増えても、その分使ってしまっていたら貯まることはありません。

年収アップにつれて支出も増えがちではありますが、いかに生活レベルを上げずにすむかが、FIRE達成には不可欠の要素になります。

支出を減らすためのアプローチは

  • 適切な広さ・家賃の家に引っ越し
  • 家賃交渉
  • 利用しないサービスの解約
  • 割安な同業他社やプランへ乗り換え
  • 節約(節電・節水)する

などの固定費・生活費の見直しに加え、

  • 不要なものを持たない、買わない

というミニマリスト的生活スタイルを実践するのが効果的です。

とーこ

モノが少なくなれば、家もコンパクトで良くなるしね

とーこ

持ち物全部の上限が家の大きさであるように、「本は本棚に入るだけ」「化粧品はこの引き出しに入るだけ」とモノごとのスペースを決めてしまうと、やりくりしやすくなるよ

資産運用する

本書で「普通の人」に勧めているのは、iDeCo・NISAによるインデックス投資信託かETFの長期積み立て

理由としてはまず、これだけで年6%のプラス運用が期待できること。
そして定期買付を設定すればメンテナンスフリーになり、ドルコスト平均法により継続するほど有利になること。

実際に著者も、バランス型ファンドの積み立てのみで年7%を実現しているそうです。
(個人的には、若いうちはバランス型でなく、株式型でリターンを狙った方がいいと思いましたが)

またコロナショックのような、市場全体が下げたときに追加で資金投入できると、その後の戻りでより資産を拡大できますね。

以上のインデックス投資の必要性は、投資の入門書にも絶対書いてあるセオリー。

ですが、FIREを目指す人なら

とーこ

個別株投資でより高いリターンを狙っていきたい!

と思うところ。

ただし著者はそれには消極的な姿勢です。

売買の手間がリターンに合うものかどうか考える。
負けてFIREが遠のくリスクも想定に入れる。
やりたければやってもいいが、あくまでも資金の一部でやること。

としたうえで、「会社員は収入増を目指し、積み立ての入金額を増やした方が近道」というスタンスです。

要点② 年金制度・税制を理解したうえでFIRE計画を立てる

これまで読んだFIRE本では、

とーこ

そんなに稼げてればそりゃFIREできるよね・・・

という羨望に駆られた感想を持ってました。

『本気でFIREをめざす人のための資産形成入門』の著者は三菱に勤めていて、収入の8割を投資に回すという入金力を発揮。
早期リタイアを実現しています。

一方で、今のところ稼ぎが限られている私にとっては、「FIREできる最低金額がいくらか」は死活問題

できるだけ早くFIREしたいけど、正確に計算できていないと資金が底をつく→FIRE失敗に直結してしまうからです。

  • 子供は何人つくるか
  • 家は賃貸か持ち家か
  • 親の介護はどうなるか
  • 退職金はいくらか
  • 年金は何歳から、いくらもらえるか
  • FIRE後も支払う税金はいくらか

など、生活にかかわるたくさんの前提条件と、関連する知識を総動員してライフプランニングする必要があるのです。

本書ではFIREすることで起こりうるライフプランへの影響や、年金・社会保険制度への影響が説明されています。

自分の場合はどうなるか考えながら読めば、FIRE生活についてイメージしやすくなります。

またFIRE後にかかる費用について、想定していなかった税金が見つかるかもしれません。
(特に会社員はふだん意識していないことが多いかも・・・!)

いずれにしても、FIRE目標額をリアルに計算するには、いかに具体的にシミュレーションするかが重要です。

前提知識の見落としがないか、まとめて総ざらいしちゃいましょう。

とーこ

より本格的にやるなら、ファイナンシャルプランナーの勉強が役立ちそう!

要点③ プチFIREなら現実的

本書が推奨しているのはプチFIRE(定年より5年早いリタイア)です。

5年であれば必要な金額も現実的なレベルになりますし、50代後半は役職定年などで年収が下がる会社も多く、一方で体力はあるので退職には良いタイミング。

プチFIREなら4000万~5000万で実行可能
(※老後資金2000万+FIRE期間5年間の生活費2000万+予備費)

iDeCoやNISAを30代から満額積立していれば、大きくリスクを取らずとも達成可能な金額です。

しかも退職金が出ればその分を相殺できるので、もう少し金額を下げることも期待できます。

とーこ

まったく働かない「完全FIRE」でこの額なので、少しだけ働く「サイドFIRE(セミリタイア)」なら必要額はもっと下げられるよ

もしも計画通りに資産が増えない場合、FIRE開始を延期しつつ、最悪プチFIREできればOKと思えば、FIRE実践のハードルが下がるんじゃないでしょうか。

逆に、とにかく1年でも早くリタイアするためのノウハウを求めている場合は、この本のプランニングでは物足りないように感じるので注意です。

まとめ

【この本のまとめ】

  • 「稼ぐ」「節約」「投資」はFIREに不可欠
  • 特に、いかに若いうちからたくさん稼ぐかは、FIRE達成の鍵。
  • 年金制度・税制を理解したうえでFIRE計画を立てる。
  • 会社員は、国民年金+その他社会保険料や税金が生活費に上乗せして必要。
  • FIREすると厚生年金が減るので、老後資金がより必要になることも見込む。
  • プチFIRE(定年より5年早いリタイア)なら現実的

本書はタイトルで強くFIREを押しているものの、「無理のない範囲で資産を増やしていって、充分貯まったら早めにリタイアしてもいいかな」くらいのゆるさでFIREを検討している人に向けて書かれた本だと感じました。

一番勉強になったのは、リタイア後の税金や社会保障についてまとめられた第5章・第7章。

当たり前のことですが、国民年金や住民税の納付などはリタイア後も発生し、普段年末調整しかやってない会社員ほど見落としやすい支出です。

FIREの目標額として、年間生活費の25倍(年4%の運用益を生活費にする想定)が語られますが、会社員生活でかかっている生活費だけで計算すると間違いなく破綻してしまいます。

そういった支出を網羅的に知ることができた部分は、大きな収穫です。

日本で生活するからには、日本の制度を知っておくのは最大のリスクヘッジ。

FIREと社会保険の大枠を知るための参考書として使ってみてください。

とーこ

自分の生活スタイル・投資スタイルに応じて、FIREシミュレーションをアレンジしようね!

私のネクストアクション
  • 副業で年間収入を増やす
  • 税金・社会保険料などを考慮したセミリタイア必要資金を計算
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「やりたいことだけやる毎日」を叶えるべく、収入複線化を目標にして試行錯誤中。
「時間をふやす」「お金をふやす」ためにやっていること・学びから考えたことなどを中心にアウトプットしていきます。
ふやして余った時間とお金は、文房具に全賭け。手帳大好き!

目次
閉じる