「理想の人生をつくる」ために絶対必要な2つの要素と3つの施策

make-life-2-factor-3-method
とーこ

理想の人生というと、なんだか遠い話のようにも聞こえますが、要はやりたいことをやる!ということ。

とーこ

そのためには、2つの要素に対して3つの施策を打つだけ!
それをこれから紹介します。

目次

夢への道を加速させる2つの要素「時間」と「お金」

「やりたいことをやろう!」と思ったとき、「でも○○が足りないな…」と諦めたことはないでしょうか。

私は山ほどあります。
行きたいところがあるのに休みが取れなかったり。すごくほしいものがあるのにお金が足りなかったり。

でも逆に言えば、「足りないもの」が満たされさえすれば、やりたいことにチャレンジできるわけです。

そしてこの「足りないもの」は、何をやりたいかによって変わってくるものの、突き詰めれば「時間」と「お金」の2つだけに集約される、というのが私の結論です。

理由① 「時間」と「お金」は全てに必要な手段

例えば「世界一周」が夢だとすると、下記のような準備が必要になります。

  • 旅行する期間の確保
  • 資金の確保
  • 旅行代理店や宿を探す、予約する
  • 旅行先を調べ、行く場所を決めておく
  • 英語などの言語スキル
  • 持って行くものを準備する
  • 一緒に行く友人を募る
  • 既に世界一周をした人に経験談を聞いておく

このうち、

  • 旅行する期間の確保 →時間の問題
  • 資金の確保 →お金の問題

であることは明確です。
一方で、そのほかの準備については、

  • 旅行代理店や宿を探す、予約する →コト(タスク)の問題
  • 旅行先を調べ、行く場所を決めておく →コト(タスク)の問題
  • 英語などの言語スキル →モノ(スキル)の問題
  • 持って行くものを準備する →モノ(道具)の問題
  • 一緒に行く友人を募る →ヒトの問題
  • 既に世界一周をした人に経験談を聞いておく →ヒトの問題

このように、コト・モノ・ヒトの問題に大別できます。

しかしよく見てみると、全ての問題は、そもそも時間がなければできません。
そしてものによっては、お金で解決したり、お金で時間の短縮を図れるケースもあるでしょう。

いずれも「時間」または「お金」をかけて初めて着手できるアクションになっているのです。

つまり…

「時間をふやす」「お金をふやす」ことが、叶えたい夢への準備を進める近道。

とーこ

数あるタスクに着手する以前に、「時間をふやす」「お金をふやす」ことを重点的に考える!これが大事なんです!

【補足】時間とお金は手段に過ぎない?

上に書いたように、時間とお金は夢を叶えるために確保すべき、必要不可欠な手段です。
しかし、ただの手段として割り切ってよいのかというと、私は違うと思っています。

起業資金を貯めたいサラリーマンが終業後にアルバイトをするなど、
夢とはあまり関係ないことで、時間やお金を確保せざるをえない状況も出てくるかもしれません。

それでも体は一つ、人生は一つ。

時間もお金も人生の大切な一部です。
夢を叶えたい一心で、無理をして時間とお金を捻出していると、体を壊してしまいますよね。

「健康である」ことをまず人生の大前提としつつ、「時間をふやす」「お金をふやす」という今のプロセスも楽しみながら、理想の人生に近づけるといいな、と考えています。

とーこ

無理せず楽しく。

理由② 「時間」と「お金」は自分1人でコントロールしやすい

もう1つ、時間とお金の2つに絞った理由は、初めのうちは自分の工夫次第で何とかしやすい要素だったからです。

最初に時間についてですが、まず着手すべきは自分の時間を見直すこと。

目的もなくテレビやスマホを眺めていないか?
10分で終わるようなことにダラダラ30分かけてしまっていないか?

こういった生活の中の無駄を見つけて潰していくと、時間が確保できるようになっていきます。

お金についても同様で、浪費を抑えることにより、その分をやりたいことへの資金に回せます。
今の自分のやり方を見直すわけなので、自分1人でチャレンジできる部分です。

とーこ

「無駄がないかどうか」は、自分でコントロールできるだけでなく、今後も常に振り返ることになるので、最初に身につけておきたい考え方です。

【初期フェーズ】無駄を減らすことにより、自由に使える時間とお金をふやす
【次期フェーズ】お金を使って時間をふやす先行投資 + 時間を使わずにお金をふやす仕組み作り
【目標フェーズ】時間を使わずに十分なお金が得られ、全ての時間をやりたいことに使える

時間とお金をふやす3つの施策

では時間とお金をふやすために具体的に何をしていくべきかですが、おおまかに3つだけです。

施策① 「時間をふやす」ために必要な知識をつける

まず当然ですが、知識のインプットが不可欠です。

時間をふやしたければ、時間のふやし方を知ること。

世の中には時間術に関する知識はたくさんありますが、個人個人の働く環境や生活スタイルによっても、合う合わないが出てきます。
自分に合うやり方はどうしても試して見つけるしかないので、最初に広く知っておいて損はありません。

とーこ

このブログでは、めんどくさがりな凡人OLの私でも効果のあった方法を中心に書いていくつもりです。

時間をふやすためには、下記のような知識が必要になります。

  • 時間をかけるべき価値があると思うことを絞る
  • やるべきことに集中できる環境づくり
  • 時短・時間術
  • 習慣化
  • セルフマネジメント(やると決めたことをやる!というマインド)

施策② 「お金をふやす」ために必要な知識をつける

お金をふやす方法は、少し検索しただけでもたくさん出てきます。
身近なものですと、「節約」「不用品販売」「ポイ活」といったすぐやれそうなことから、「株」「FX」「せどり」といった敷居の高そうなことまで様々です。

お金に関してはリスクを伴う(元手が減る)手段もあるので、どこまで許容できるのか次第で、学ぶべき知識も変わってきます。

また注意しなければならないのは、お金をふやすことは少なからず「時間を使う」必要があることです。

何もしないでお金はふやせません。
もし何もしていないのに稼いでいるように見える人がいるのであれば、何もしなくてもお金をふやせる仕組みを作るまでに時間を費やしてきたはずです。

「数十円安い野菜を探してスーパーをはしごする」ような節約術は、時間を惜しげなく費やせる人にしかできない方法ですよね。
働いていたり、家庭があったり…。やりたいこと・やらなければいけないことがあればあるほど、少ない時間でお金をふやすことが重要です。

リスクが重い方法や、時間のわりにお金がふえない方法を捨てていった結果、お金をふやすためには、下記のような知識が必要になります。

  • 世の中の経済のしくみを知っておく
  • 最新の行政の方針を知っておく(最近であればiDeCoやマイナポイントなど。行政主導は効果強です)
  • 固定費を節約する
  • 稼ぎをふやす方法を知る
  • 投資を始める
とーこ

庶民がお金をふやすには、支出を抑え収入をふやしつつ、かつ資産運用するしかない、と感じています。

とーこ

投資は失敗することもありましたが、資産1000万+奨学金240万完済までこぎつけることができました。

施策③ 施策①と②を実行し、改善を繰り返す

知識をつけたら、あとは実行あるのみ!
自分に合う方法を探して、試して、効果が出たら続ける。出なかったら改善しながらまた試す。
この繰り返しです。

最初は少しでもいいので「時間をふやす」施策から着手し、お金のことを考える余裕を作っておきます。
施策②で書いたように、「お金をふやす」には多少なり時間が必要だからです。

「お金をふやす」施策は、初動が大変でも、一度変えてしまえば効果を発揮し続けるものが多いです。

家賃を大家さんと交渉して減らせた場合、翌月に家賃が戻ってしまうことはそうそうありません。
毎月払うはずだった家賃が安くなることで、結果「お金をふやす」ことができました。

まだ足りないようであれば、このお金を再度「時間をふやす」ために回してもいいですし、いっそ投資資金にして「お金でお金をふやす」のもアリでしょう。

ここまでの一連の流れを図にすると、↓のようなサイクルになります。
時間とお金に関するインプットとアウトプットを繰り返すことにより、やりたいことをやる人生を作っていくイメージです。

MAKE LIFE概念図

時間とお金に少し余裕が出た都度、小さなご褒美を用意して、日々の満足度も上げながら過ごせるといいですよね。
この過程も含めて人生ですので。

とーこ

私はこまめに食べたかったものを食べてご褒美としています。
次のステップに進む原動力にもなります。

まとめ

やりたいことをやる!と決めたとき、何から手をつけていくべきか迷ってしまう…ということは頻繁にありえます。
やりたいことを叶えるために必要なリソースは、考え始めるだけでキリがないからです。

そんな時は、「時間」と「お金」の2つを優先的にふやしていくと、これら以外のリソースも入手しやすくなり、夢への距離がぐっと近づきます。

とーこ

効果的に時間とお金をふやせるよう、
勉強(INPUT)&行動(OUTPUT)していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「やりたいことだけやる毎日」を叶えるべく、収入複線化を目標にして試行錯誤中。
「時間をふやす」「お金をふやす」ためにやっていること・学びから考えたことなどを中心にアウトプットしていきます。
ふやして余った時間とお金は、文房具に全賭け。手帳大好き!

目次
閉じる