【開封レビュー・試し書き】『黒を愉しむ万年筆インク6色セット』で新境地開拓

今回ご紹介するのは2022年1月に発売されて間もない『 黒を愉しむ万年筆インク6色セットつき 万年筆のある毎日 (TJMOOK) 』です!

文具ソムリエールの菅未里さんセレクトの付録インクがなんと6色セットときたら、予約買い必至でした。

そして「楽しむ」ではなく「愉しむ」とだけあって、ビギナーさんにもインク世界を堪能できる1冊になっています。

目次

さっそく開封レビューだよ!

本誌から!

最初にご注意!

インクはMOOK本の最終ページにテープで貼り付けてある形になります。

箱が入ったビニールごと外すと、上の写真のようにテープが残るので、そのまま閉じるとくっついてしまいます。
最終ページごと切り取ってしまうのが正解です。(と、本誌にもちゃんと書いてあります)

とーこ

とーこは撮影後、うっかり本を閉じてしまいこのありさまです

本誌は万年筆初心者さん向けの内容が中心ですが、予算別おすすめの万年筆の紹介や、おしゃれな文字の書き方などが掲載され、思わず「何か書きたくなる」特集になっています。

目次を引用しておきますね。

  • 菅未理さんセレクト「黒を愉しむ万年筆インク6色セット」で万年筆インクのある暮らしを始めてみよう
  • 菅未理さんに教わる万年筆&インクの基本と私の楽しみ方
  • みんなの素敵な万年筆ライフ
  • 万年筆で書く「ゆる美文字」レッスン
  • 万年筆の買い方
  • 私にフィットする万年筆&インクを探そう
  • 「黒を愉しむ万年筆インク6色セット」を使ってみよう!

(本文引用元)黒を愉しむ万年筆インク6色セットつき 万年筆のある毎日 (TJMOOK)

とーこ

万年筆の扱い方は写真が多く、初心者さんにもわかりやすい解説だったよ

インク開封!

ではいよいよインク開封です!

6色の小瓶が並んでいるのはなんとも壮観・・・!

梱包も割れないようにしっかり配慮してありGOODです。

6色のネーミングは動物になっており、 「日常と非日常の間にいるような動物を選びました」とのこと。

とーこ

ラベルもかわいい。

インク試し書き!

まずフタを開けると中栓が!

これをしとかないと横にした時に漏れてしまうそうで、大事なパーツです。捨てないで!

また、外す時にインクが手につくので、ビニール手袋での取り扱いが推奨されています。

とーこ

私はキッチンペーパーをかぶせる感じにして開栓しちゃってます

とーこ

ただ、開けた後の中栓の置き場にも困るし、正直めんどくさいパーツ・・・
外フタのみで密閉容器だったらポイント高かったかな。

さて、ガラスペンで試し書きです。

「黒を楽しむ」と言うだけあって、どれもシックでエレガント(語彙不足)な色合いが並びますね・・・!

「梅鼠」は同じ名前の伝統色がありますが、そちらは赤みがかった灰色なので、色名はあくまでイメージのようです。

「梅鼠」と「オカピ(一番下)」の色が似ていますが、梅鼠→濃い茶色、オカピ→カーキ色という感じで、梅鼠の方が濃いめ。

「甚平鮫」「孔雀」も、書いてみるとちゃんと「青」「緑」とわかります。

普段の自分だったら甚平鮫・孔雀あたりの色を優先して買うのですが、試し書きしてみて案外いいなと思ったのは「白兎」!

重厚感のあるレッドカーペットのような赤色・・・
劇場のカーテンみたいな赤色・・・
コメダ珈琲の椅子みたいな赤色・・・

こういう未知の「いいな」に出会えるのもセットの醍醐味ですね。

ガラスペンはエルバンのつむぎというシリーズ。
私が買った時は4色だったのですが、現在は8色のカラーが選べます!

使うガラスペンによっては、ペン先が大きいとインク瓶の口に入らないので、小皿などに出す必要あり。

ちなみに使った紙はTOUCH&FLOWの「SCORE」という五線譜のような細罫のメモパッド(MD用紙クリーム)です。

まとめ

初心者さんもインクコレクターさんも楽しめる1冊。新しい好みの色が見つかるかも?
中栓の扱いに気を付けて!

万年筆の付録は日経WOMANなどで以前からあったのですが、ついにインクもきたか! という第一印象。
コレクション欲までくすぐってくる、お得感満載のMOOKです。

私は字がへたくそなのですが、万年筆やガラスペンを使うと、我が字ながら「味がある」仕上がりに見えるところがお気に入り。
自分の字にコンプレックスがある人にこそ、万年筆インクの世界に飛び込んでみると楽しくなると思いますよ。

同時発売で『色を楽しむ万年筆インク6色セット』も出ています。
こちらは発色の良い元気色のセットで、お野菜の名前。

2冊揃えてコレクションするのも楽しそう。

とーこ

こっちも欲しくなってきた・・・

この調子でいろんなカラーラインナップが登場したらいいなぁ、なんて思ってます。
「赤系6色セット」とか同系色が揃ったら、グラデーションで書けて映えるじゃないですか!

ゆくゆくはデ●アゴスティーニのように100号コンプセットが出てしまう・・・!?
はたまたフ●リシモの色鉛筆500色のようにインク500色コレクションが出てしまう・・・!?

今回のMOOKは沼の始まりかもしれませんね・・・。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

手帳と文具への偏愛が隠せないアラサーOL。
「やりたいことだけやる毎日」を叶えるべく、副業やら投資やらにチャレンジしながら、手帳活用にいそしんでいます。
2022年の手帳はtorinco7。

目次