【カスタマイズ】SUNNY手帳を好みの手帳カバーにつけかえたい

SUNNY手帳のデフォルトカバーもかわいいんですが・・・

とーこ

もっと気に入ったカバーを使いたい!

という気持ちが抑えきれなくなってきました。

ですがSUNNY手帳、そのままだとほかの市販のカバーに入らないんです・・・!(>_<)

この記事では、SUNNY手帳をDIYしたプロセスとポイントを紹介していきます。

とーこ

SUNNY手帳ウィークリーでカスタマイズしていくよ!
マンスリーやデイリーではサイズが違ってくるので注意!


目次

SUNNY手帳がほかの手帳カバーに入らないワケ

最初に、SUNNY手帳が手帳カバーに入らない理由をさらっと説明します。

ページが多いので厚い

SUNNY手帳のメリットでもありますが、巻末のメモページが一般的な手帳よりも多いという点があります。

SUNNY手帳は巻末のウィッシュリストも加えると160ページの大容量。
普通は10~30ページ程度が多いので、たくさん書きたい人のニーズを満たしてくれるのです。

しかしページが多いということはイコール紙が多いので、どうしても厚みが出るということ。

なので、公式以外のカバーにチャレンジしにくくなってしまっています

(それを見越してか、公式のカバーの色展開も毎年6色ありますし、別売のカバーも増えてきています)

表紙の厚紙が厚い

さらに、リフィル表紙の厚紙も、一般的な手帳より厚くなっています。

これは最初期(2018年)のSUNNY手帳に由来。

デフォルトカバーで開閉を繰り返すと、薄い紙だと負けてしまって下の写真のように折れてしまっていたのです。

2019年から表紙が厚く変わって改善されたわけですが、(ほんの少しではあるものの)厚みが増える要因の一つになっています。

通常のウィークリーは厚さ1センチ程度であることが多く、SUNNY手帳は1.4センチ。

しかも表紙の厚紙が厚いので、手帳カバーのポケットにも入りにくい。

このように、SUNNY手帳に好みのカバーがフィットしにくいのは、厚いことが主な要因になります。

いざ、DIY!

準備するもの

準備するものは次の通り。

  • SUNNY手帳ウィークリー 本体
  • 好きな手帳カバー
  • カッターマットとカッター(100均)
  • 定規(手帳のタテ長より長いものが便利。写真は無印良品のもの)

私が使いたかったカバーは『EL COMMUN(エルコミューン)』の手帳。
動物のワンポイントがかわいい一品。

カバーだけあればいいので、昨年度の手帳で割引になったものを購入。

とーこ

くじら以外にも、ハリネズミ・柴犬・パンダなど、モチーフいろいろで迷っちゃう!

とーこ

エビ・カメレオン・キーウィといったニッチな動物もあったよ!

さて、SUNNY手帳はそのままだと、この手帳カバーのポケットに入りません。
カットして微調整していきます。

ここで一つ注意。

SUNNY手帳がウィークリーなら、カバーもウィークリーのものから選びましょう。

ウィークリーの手帳にマンスリーのカバーだと、カバーがもともとが薄すぎるので、切る部分が大きくなってしまい、不格好な仕上がりになってしまいます。

高さを短くする

最初に、手帳の高さ(縦の長さ)を揃えます。

表紙の上下、裏表紙の上下、と4か所切ることになります。

ポイントは、

  1. 少しずつ(1~2ミリずつ)切って様子を見る
  2. 上側と下側で、同じ幅・長さを切るようにする
  3. 背の部分は切れないので、カバーのポケットに入れる部分のみを切る

の3つ。

③はわかりにくいのですが、完成写真のアップとしてはこちらのようになります。

手帳の上下を切って、ポケットに差し込めるようにするイメージです。

表紙幅を短くする

続いて、SUNNY手帳の厚みに対応させるために、手帳の幅(横の長さ)も調整してきます。

裏表紙をカバーにぴったりはめてから表紙側を開いたときに、ココ↓に背表紙の幅分のスペースができるよう、縦辺を切り落とします。

ポイントは、

  1. 表紙側と裏表紙側で、同じ幅を切るようにする
  2. 少し(2ミリ程度ずつ)切ったら、手帳カバーをつけて開閉し、確認する

この2つです。

手帳カバーの開閉がスムーズにできていればOK。

カドを落とす

最後に仕上げです。

カドを斜めに切り込んで完成!

閉じてみたときの全体のカット箇所はこんな感じ。

完成品はこちら

カバー装着です!

とーこ

製作時間15分。
完成したものがこちら!

すてきー!!

好きな手帳+好きな手帳カバーって最強
かなりフィットしていて大満足です。

切っていない背の部分周辺の高さがぴったりジャストサイズ。
ギリギリはみ出していません。

幅に関しては、中紙が少し(幅を切り落とした分だけ)はみ出てしまう感じになります。

が、微量ですし、特に不便は感じていません。

注意点

ぎりぎり寄りのぴったりな仕上がりです。

そのため、デコなどで手帳がふくらむ可能性がある場合は、耐えきれなくなります。

下の写真のようなクリアポケットも、挟めなくはないですが、ふくらみがちに。
(量にもよるでしょうが・・・下の写真はけっこう色々入れている状態です)

持ち歩きグッズは厳選した方がよさそう。

まとめ

手帳カバーを自由に付け替えられると、飽き対策にもGOOD!
手帳を長く使っていくことができます。

SUNNY手帳は厚みの分、フィットしない手帳カバーも多いですが、今回のように端をカットして解決できることも。

好きな手帳+好きな手帳カバーって最高ですよ!

とーこ

カスタマイズの幅を広げて、手帳ライフを楽しんでくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「やりたいことだけやる毎日」を叶えるべく、収入複線化を目標にして試行錯誤中。
「時間をふやす」「お金をふやす」ためにやっていること・学びから考えたことなどを中心にアウトプットしていきます。
ふやして余った時間とお金は、文房具に全賭け。手帳大好き!

目次
閉じる