【2022年版】予定もログも! 見開きメモ欄が広いバーチカル手帳14種(2021/9/28追記)

vertical-weekly-diary-large-memo-field-comparison

時間軸のあるバーチカル手帳、便利なんですが、時間軸のほかに書き込む欄が少ないのが困る・・・といったことはないでしょうか?

毎日の時間軸の下の方にチェックボックスがあるだけのバーチカル手帳は多いんですけど、1週間をまとめて振り返って書きたいことがあるときにちょっと残念なんですよね。

というわけで、時間軸がありつつも、見開きにメモ欄を兼ね備えたバーチカル手帳をまとめてみました。

とーこ

私の感覚値で「見開き右側の3割以上のスペースがメモ欄になっているもの」を選んでます。

ちなみに、時間軸のないバーチカル手帳を探している人はこちらから↓↓

目次

見開きメモ欄が広いバーチカル手帳比較

オーディナル5 / PILOT

  • B6(?g) 2,420円
  • 年間ブロックあり
  • 月間ブロックあり(先頭・6段)
  • 週間
    時間軸8-22時(7-24時で使用可能)30分単位
    下段はチェックボックス5個/日
    メモ欄は7mm罫線
  • 巻末ふろく(TO DOリスト/アドレス/ID PASSWORD/年齢早見表/六曜について/進物マナー/贈答リスト/7ヶ国語簡単会話/主要都市時差表/地下鉄路線図)
  • 全192p
    うち巻末ノート16p(方眼)
  • スピン2本
  • 替リフィルあり 1,760円

目に優しいクリームの紙で、筆記具メーカーのPILOTが出している手帳なだけあって、万年筆との相性も良いです。

週間ページのシンプルな構成は、飽きのこないデザイン。

自分の使い方に合わせてカスタマイズする余裕もありますね。

ただ、使わない巻末ふろくが多いことが不満。代わりにノートページを増やしてほしかった!

とーこ

2019~2020年のメイン手帳として愛用。紙質良しコスパ良し、で重宝しました!(でも最近値上げしてるような・・・??)

hands+ダイアリー / 東急ハンズ

  • A5(?g)2,500円前後 ※カバーで変動
    B6(?g)2,000~2,500円 ※カバーで変動
  • 年間ブロックあり
  • 月間ブロックあり(各月6段)
  • 週間
    時間軸7-24時(6-25時で使用可能)1時間単位
    下段はチェックボックス5個・朝昼夜/日
    メモ欄は5mmドット方眼
  • 巻末ふろく(東京・大阪路線図/地下鉄路線図/年齢早見表)
  • 全224p
    うち巻末ノート11p(方眼)
  • スピン2本
  • 切り込みインデックスあり
  • 替リフィルあり A5:1,650円、B6:1,320円

A5・B6それぞれで、シンプルながら豊富なカラーのカバー展開になっています。

handsの純正グッズで、手帳カバーに挟めるファイルやフォルダ―も充実。
カスタマイズもはかどります。

紙面は緑×グレージュがメインカラー。

毎日の朝昼夜の記録欄で、食事やルーティンの管理がしやすいのも特徴。

ただし、ところどころ枠線で囲まれている部分が多いので、記入量は少なくなりがち。
細いペンや略字の使用推奨です。

とーこ

ハンズで通年販売されてるので入手しやすいよ。
汎用できる周辺グッズも豊富。

CITTA手帳 / CITTA

  • A5(365g)3,850円
    B6(275g)3,300円
  • 年間ブロックあり(カレンダータイプ)
  • プロジェクトシート、ワクワクリストあり
  • 月間ブロックあり(先頭・見開き2か月・6段)
  • 週間
    時間軸5-翌4時(24時間使用可能)30分単位
    下段なし
    メモ欄は方眼
  • 巻末ふろく(なし)
  • 全?p
  • うち巻末ノート13p(方眼)
  • スピン3本

ワクワクリストという、やりたいこと一覧表が毎月用意されており、これでもかってくらいやりたいことがたくさん書けます。
あれがほしい、あれが食べたいといった身近な希望もどんどん書き出して、その予定を時間軸に盛り込んでいく楽しさがありますね。

ヨガの考え方を取り入れているということですが、手帳だけ見た感じでは、特にヨガに特化しているわけでもなく。
普通に使いやすそうな手帳だなと思いました。

時間軸が24時間あるバーチカルで、かつメモ欄が広いものはレアなので、スタイルが合う人は即決になるでしょう。

また、2021年からA5だけでなくB6サイズが新展開される模様です。

とーこ

人気上昇中!?
会社で使ってる女性がじわじわ増えてる。

torinco 11 / 高橋書店

  • A5(320g) 2,035円
  • 年間ブロック?
  • 月間ブロックあり(各月・6段)
  • 週間
    時間軸5-24時 30分単位
    下段はフリースペース
    メモ欄は方眼
  • 巻末ふろく(やりたいことリスト/よみたい本リスト/みたい映画リスト/日本地図・世界地図/ID&PWメモ/年齢早見表/パーソナルデータ)
  • 別紙ふろく(路線図)
  • 全208p
    うち巻末ノート?p(方眼)
  • スピン2本
  • 切り込みインデックスあり

2022年から、trincoシリーズに時間軸つきバーチカルが新登場!

時間軸も朝5時からと長めなのに下段のメモスペースも十分。
全体的にシンプル&スタイリッシュで好感です。

巻末にはWishListページがあり、やりたいことや行きたい場所を記録しておけます。

こちら↓の記事は違うバージョンのtrincoシリーズですが、中身の参考になるかも。

trinco11については未確認ですが、trinco7では万年筆(kakunoのF)
が裏抜けしました。

万年筆ユーザーはご注意ください。

とーこ

スモーキーなカラーもおしゃれ

アクセス A5-4 / NOLTY

  • A5(327g) 2,090円
  • 年間ブロックあり
  • 月間ブロックあり(各月・6段)
  • 週間
    時間軸7-24時 30分単位
    メモ欄は罫線
  • 巻末ふろく(ID・PWリスト/日本地図/世界地図/年齢早見)
  • 別紙ふろく(地下鉄路線図/近郊鉄道網図/インデックス強化シール)
  • 全224p
    うち巻末ノート罫線48p+方眼3p
  • スピン2本
  • 切り込みインデックスあり

こちらもスタンダードな週間バーチカル+メモ。

上で紹介した「trinco11/高橋書店」とかなり近いフォーマットですね。

メモ欄が罫線か方眼か、WishListが必要か不要か、好みが分かれるところです。

「アクセス A5-4」はカバーのカラーバリエーションが1色のみ(グレー)なので、選ぶ余地がないのがネック。

とーこ

NOLTYは、「アクセス」など同じ名前のシリーズでも、番号によってフォーマットが全く異なります。注意!

エクリ B6-7 / NOLTY

  • B6(222g) 1,650円
  • 年間ブロック?
  • 月間ブロックあり(先頭・6段)
  • 週間
    時間軸7-24時 30分単位
    メモ欄は罫線
  • 巻末ふろく(年齢早見表)
  • 別紙ふろく(路線図)
  • 全192p
    うち巻末ノート罫線25p+方眼15p
  • スピン2本

手帳でシェアの多いNOLTYブランドの手帳が続きます。

この「エクリ B6-7」が一番シンプル(っぽく感じた)タイプ。
印刷の色数が抑えられ、すっきりした印象です。

巻末ふろくも最小限で、最も「書く」ことに特化した手帳。

こちらのカラーバリエーションは2色(グレー・ネイビー)になっています。

とーこ

NOLTYシリーズで迷ったら、違うところをよく比較して合うほうを選びましょう

ベルノ A5バーチカル1 ・B5バーチカル/ NOLTY

  • A5(336g) 1,870円
    B5(511g) 2,310円
  • 年間ブロック?
  • 月間ブロックあり(先頭・6段)
  • 週間
    時間軸A5:8-24時、B5:8-23時 30分単位
    下段はフリースペース
    メモ欄は罫線
  • 巻末ふろく(度量衡/地下鉄路線図/近郊鉄道網図/年齢早見)
  • 全224p
    うち巻末ノート罫線58p+方眼5p
  • スピン2本

NOLTYシリーズは手帳の種類も多く出ていますが、上で紹介したベルノ・アクセスと一番違うのはフォントが明朝体であること。

紙面の印象がかなり変わりますね。

日付のフォントも大きめなので、視認性が良く感じるのではないでしょうか。

土日が小さく、見開き右側のページが丸々メモ欄になっている「ベルノ A5バーチカル2」というタイプもあります。

とーこ

B5サイズは選択肢も少なくて貴重だよ!

ビジネスベーシックダイアリー / NOLTY

  • A5(350g) 2,530円
  • 年間ブロックあり
  • 月間ブロックあり(先頭・見開き2か月・5~6段併用)
  • 週間
    時間軸8-23時(7-24時で使用可能)30分単位
    下段は 重要×緊急マトリクス、Check・Action記入欄
    メモ欄は方眼
  • 巻末ふろく(東京・京阪路線図/年齢早見表/1年間のふり返り)
  • 別冊ふろく(PDCA実践!手帳活用術)
  • 全192p
    うち巻末ノート51p
  • スピン1本

一番の特徴は、時間軸下段。

まず左ページの重要×緊急マトリクスを使ってタスクを洗い出し、やるべきことの優先順位を可視化できます。

優先順位に基づいて時間軸の方で計画を立てていく、という流れですね。
タスクは日々増えていくはずなので、このエリアと時間軸を行ったり来たりしながら調整していく使い方になりそうです。

そして右ページのCheck・Action欄で、1週間の振り返り。
マンスリーの下段も振り返り欄になっており、月単位でも振り返りが可能です。

とーこ

がっつりPDCAを回すための手帳。
新入社員にもいいんじゃないかな。

ACTIO デジナーレ / ACTIO

  • A5(?g) 3,300円
  • 年間ブロックあり
  • 生活習慣・自己分析・目標設定ページあり
  • 月間ブロックあり(先頭・6段)
  • 週間
    時間軸5-24時(4-25時で使用可能)15分単位
    下段はメモ8行/日 とレーティング
    メモ欄は方眼
  • 巻末ふろく なし
  • 全192p
    うち巻末ノート37p(方眼)
  • スピン?本
  • 切り込みインデックスあり

クラウドファンディングで商品化されている手帳です。

見開き右側のメモ欄には今週の目標を書ける「Small Goal」欄と、振り返りが書ける「Self Coaching」の欄がデフォルトで用意されています。

ビジネスベーシックダイアリーほど縛りがあるフォーマットではないので、自分の裁量でPDCAサイクルを回していきたい方にオススメ。

切り込みインデックスが表裏両方から確認できるようになっており、マンスリー⇔ウィークリーの移動が簡単になっています。
特許も取得済みで、こだわりを感じるつくりです。

マンスリーの余白も広く、ガントチャート的にも使えるよう工夫されているのもポイント高いです。

とーこ

ACTIOデジナーレはクラファンサイトのMakuakeで応援購入ができますよ! 早期申込割引あり。
一般流通はしていないようなので注意。

バーチカルメモ / JS DIARY

  • A5(335g) 2,420円
  • 年間ブロック?
  • 月間ブロックあり(先頭・5段)
  • 週間
    時間軸6-25時(5-25時半で使用可能)30分単位
    メモ欄は5mm方眼
  • 巻末ふろく(大都市圏路線図/年齢早見表/サイズチャート/単位換算表/用紙サイズ表/フォントサイズサンプル/マイインク/マイリスト/ダイアリーアイディア/和気文具の理念について/パーソナルデータ)
  • 全192p
    うち巻末ノート14p(5mm方眼)
  • スピン2本
  • 替リフィルあり A5:2,200円

ESダイアリーから事業移譲により「JSダイアリー」と名前変更。

フォーマットにはほぼ変化なく、継続販売されています。

月~金曜はバーチカル、土日はページまるごとメモ欄になっています。

「平日は仕事で時間管理したいけど、休日は特に書くこともないし、仕事中のタスクやメモをたくさん書けるスペースがほしい」っていう方にミラクルフィットする手帳です。

もしくは、左ページは仕事のこと、右ページはプライベートのログ、と完全に分けてしまってもいいかもしれません。

残念ながら、B5サイズはラインナップからなくなってしまいました。

とーこ

この発想はなかった!って驚いたフォーマット。
月~金メインの会社員が、仕事用としてフル活用できます。

A5スリム ウィークリーバーチカル / サンスター文具

  • A5スリム 134mm×204mm 2,000円前後
  • 年間ブロック?
  • 月間ブロックあり(先頭・6段)
  • 週間
    時間軸8-22時(7-23時で使用可能)30分単位
    下段なし
    メモ欄は方眼
  • 巻末ふろく(アドレス/マナー情報/世界地図/路線図)
  • 全192p
    うち巻末ノート?p(方眼)
  • スピン?本

キャラクターものの手帳はマンスリーかレフト式ばかり・・・と思っていた私みたいな人に朗報!

今年はなんとウィークリーでバーチカルでメモ欄広めがあります!

ついでに、バーチカルかつスリムサイズ規格なのに右側にメモ欄があるって・・・だいぶ攻めてきてると思っています。

その代わり、時間軸の欄の横幅が狭めになるので注意です。

確認できた限りだと、ムーミンは「ニョロニョロ」「スナフキン」「リトルミイ」、スヌーピーは「読書」「星空」「サーフ」の各3種ずつのラインナップ。

週替わりのイラストも楽しみながら、予定管理できますね。

とーこ

キャラクター手帳に新風!
好きなキャラクターなら手帳を開くのが楽しみになるよね

ディスカヴァーダイアリー ヨコ / ディスカヴァー21 【調査中】

  • B6 (?g)2,970円
  • 年間ブロックあり(見開き6か月ずつ)
  • 月間ブロックあり(先頭・6段)
  • プロジェクト管理表あり
  • 週間
    時間軸9-18時(7-23時で使用可能)、1時間単位
    下段はメモ4行/日
    メモ欄は5mm方眼(罫線で3分割されている)
  • 巻末ふろく(日本地図・国内海外の路線図)
  • 全?p
    うち巻末ノート?p(横罫・方眼・無地)
  • スピン2本

バーチカルはメモ欄が少ない!というデメリットを、横向きにしたことで払拭した手帳です。

レフト式手帳と同じ感覚で、見開きの右半分が完全にメモ欄になります。

縦向きのバーチカルでメモ欄を増やそうとなると、時間軸のエリアが圧迫されがちになるんですが、このフォーマットならそんな心配も不要ですね。

そしてB6を横長に開くメリットを活かし、キーボードの手前に開いて置いておけます。
これが意外と便利そう。

とーこ

そうそう、キーボードの手前って、ちょうどこれくらいの奥行きがあるんですよね。

番外編

こんなのもありました、ってことで、学生向けに製作された手帳が同様のフォーマットだったので、紹介します。

学生向けではありますが、個人で買うこともできますよ!

資格試験に向けて勉強している方にもよいのでは?

ACTIO リプレ / ACTIO

  • B6ワイド 縦B6×横A5(212g) 1,900円
  • 年間ブロックあり(「年間計画表」として)
  • 月間ブロックあり(先頭・見開き2か月・5段)
  • 週間
    時間軸6-24時(日中は「時限」併記)15分単位
    下段は メモ7行/日 とレーティング
    メモ欄は方眼
  • 巻末ふろく(記入事例/年間振り返り)
  • 別紙ふろく(テスト記録)
  • 全160p
    うち巻末ノート10p(方眼)
  • スピン2本
  • 4月始まり!

前述の「ACTIO デジナーレ」の高校生・大学生向けバージョンで4月始まりのもの。

というか、こちらの方が出たのは先で、社会人向けにリメイクしたのがデジナーレみたい。

日中は「〇時」ではなく「〇時間目」で管理できるところなどは、学生ならでは。

しかしあなどるなかれ。
毎日のレーティング、勉強時間の記録、要所要所での振り返りといった、PDCAが自然と身に付くよう促すフォーマットは、むしろ社会人も必要としているものでしょう。

学生のうちから習慣づけられれば強いですよね!

ちなみに、 ACTIOシンキング という名前のものもありましたが、こちらは「〇時間目」でしか管理できなかったり、「HW(宿題)」「小テ(小テスト)」が印字されていたりと、完全に学生特化していたので割愛しました。(中学生・高校生向けのようです)

ACTIOシリーズはどれも、クラファンサイトのMakuakeで応援購入になります。

とーこ

この手帳・・・学生のときに使いたかったよ!

スコラ ベーシック / NOLTY

  • B6(180g) 1,800円
  • 年間ブロックあり
  • 月間ブロックあり(先頭・見開き2か月・5~6段併用)
  • 週間
    時間軸6-24時(5-25時で使用可能)30分単位
    下段は勉強時間などの記録5行/日
    メモ欄は方眼
  • 巻末ふろく(テスト記録、年間振り返り)
  • 全160p
    うち巻末ノート方眼19p
  • スピン?本
  • 4月始まり!

ACTIOリプレと違うのは、教科ごとに学習時間を塗りつぶせるマスが週間ページの右下についているところ。

意外とこういうのが勉強継続のモチベーションになったり、模試前の自信になったりするんですよね。

ただ、時間割の〇限目として使えるよう月~金の日中の時間が「-」と消されており、こっちは社会人の使用は想定されてません。

作ってるのが手帳大手NOLTYですからね。社会人向け手帳ならほかにたくさん出てますしね。

とーこ

日々の積み重ねを可視化してモチベーションにするのは、社会人でも大事

メモ欄振り返りの誘導がより丁寧なステップになっている、スコラライトもあります。

より自由度を求めるなら…

時間軸のないバーチカル手帳もあります!
これらはほとんど、見開きの下段がメモ欄になっているのも特徴です。

時間に縛られるタスクの少ない方や、より自由に手帳を使いたい方にオススメ。

下の関連記事にまとめてありますので、ご参考にどうぞ。

まとめ

メモ欄が広いバーチカル手帳は、「しっかり時間管理しつつアイデアも書き留めたい人」や、「ログを残したいけど週1~2回程度でいい人、1日1ページは大きすぎる人」にオススメ!

とーこ

思いのほかたくさん種類がありました!
随時更新していきます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「やりたいことだけやる毎日」を叶えるべく、収入複線化を目標にして試行錯誤中。
「時間をふやす」「お金をふやす」ためにやっていること・学びから考えたことなどを中心にアウトプットしていきます。
ふやして余った時間とお金は、文房具に全賭け。手帳大好き!

目次
閉じる